java-mac-install-directory-05

Mac OS X の Java の インストール場所 の メモ

こんにちは。solb system の Teruhiro Kömaki です。

フルグラを食べはじめてから、かなり調子がよくなってます。

今回は、メモ程度の内容ですが、ブログ書いてなかったので、せっかくだし!ということで更新します。

最近では FileMaker 14 に対応した FileMaker Drill Book が発売されたそうで、にぎわっております。

【関連】FileMaker Drill Book

FileMaker Training Series と FileMaker Drill Book の比較 については、こちらのオフィシャルのPDFにまとめてありますので、よければ、どぞ!

【関連】FileMaker Drill Bookについて[pdf]

目次はこちらから、どぞ!

【関連】FileMaker Drill Bookの目次PDF[pdf]

※FileMaker社はアフィリエイトなどやっていませんので、私のリンクを安心してクリックしてもらって大丈夫です。

ということで

今回はMac OS X の Java の インストール場所 の メモということで、ちょろっと書いてみます。

Javaの種類について

ほとんどの人が目にするJavaって

  • JRE
  • JDK

の2種類のワードだと思います。

んで、その違いというと

JREとJDKの違い

JRE は Java Runtime Environment(簡単にいえば Javaを実行する環境)
JDK は Java Development Kit(簡単にいえば Javaを開発するキット)

となります。

もう少し突っ込むと

JREは、Javaで作られたプログラムを実行するときに必要となるライブラリです。

JDKは、Javaでプログラムを作る時に必要となるコンパイラやソース・ライブラリです。

用途が違うため、インストールされるディレクトリが違うわけです。

今もビギナーですが、Javaのことを全く分からない時に「とりあえずJDK?SDK?入れておけば大丈夫でしょ」って感じでした。

因みに、バージョンとか気にしていない人は分からないかもしれませんが、Java 6 以前はAppleが独自のJavaを提供していたので、インストールされているバージョンによって、インストール場所が違うので、その点も「要チェックやでー」です。

【関連】Java 6の最新バージョンはどこで入手できますか。

Mac OS X用Apple Java 6
Javaバージョン6以前については、Apple社が独自のバージョンのJavaを提供しています。Mac OS X 10.6以前の場合、ご使用のMacに最新バージョンのJava 6がインストールされているかどうかを確認するには、Appleメニューのソフトウェア・アップデート機能を使用します。MacのApple Java 6に関連する問題については、Appleのサポートに問い合せてください。

JREとJDKのインストール場所はどこか

JRE のインストール場所

/Library/Internet Plug-Ins/JavaAppletPlugin.plugin

java-mac-install-directory-01

Java 6 のインストール場所

/System/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk

java-mac-install-directory-02

Java 7 以降の JDK のインストール場所

/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.7.0_79.jdk
/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_45.jdk

java-mac-install-directory-03

システム環境設定アプリのJavaは?

JRE( Java Runtime Environment )の設定のためにあります。

なので、JDKをインストールしても「変わってない!」ってなると思います。

java-mac-install-directory-04

関連リンク

【関連】Java for OS X 2014-001

【関連】Java for OS X 2014-001:Apple 提供の Java SE 6 Web プラグインと Web Start 機能を再び有効にする方法 – Apple サポート

【関連】JavaをSEとEEに分類するのは今では無意味になってきている? – 達人プログラマーを目指して

おわり

最近は、電話というツールについて、改めて考えさせられてます。。。
というのも、用事があって電話する側は簡単で良いと思うのですが、電話を受ける側は時間をとられますし、個人的には電話対応コストって以外に高いと思うんですよ。

もちろん、自分のタイミングでかけ直すんですけども、そもそもメールで送ってくれればいいんじゃないっすかね?って思うわけです。スクリーンショットを添付してもらえれば、受取側としては、より早く状況が理解できるし。

まれですが。。。
中には「こちらは用があって電話してるのに、なにが問題なの?なんでメールしなくちゃいけないの?」みたいな方もいまして。。。

結局のところ、対応コスト分のお金を、お客様から頂ければ問題ないんですけどね。

だから、今後のお客様には「もし【いつでも安心電話サポート】のようなサービスを期待しているなら、他社様に依頼してください。」と断ることにしました。

気持ちとしては、こちらのブログの方に近いかもしれません。

【関連】自営業でSIerを成立させるためのTips | ブログ.武田ソフト.jp

FileMakerを勉強したい人へ

FileMakerをしっかりと勉強するのであれば、オフィシャルの学習用テキストが一番確実です。

体系立てて習得できるので、断片的に勉強するよりも理解もしやすいはずです。

ということで FileMaker Training Series をやるべし!

FileMaker Training Series には基礎編応用編の2種類があります。

さらに FileMaker Training Series に近いのですが、もうひとつ別で FileMaker Drill Book というテキストがあります。

まずは、オフィシャルの学習用テキストを購入して、コツコツ勉強することが一番の近道だと思います。

少しでもお役に立てたことがあれば シェアしていただけると嬉しいです

via PressSync

FileMakerの開発を主なる仕事にしてます。 FileMakerのBasicなことやAdvancedなことをメインに記事を書いてますが、FileMakerに関係ないこともバシバシ書いていきます。 現在は Java 勉強中ですので、勉強会などにも参加していきます。 コメント頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください