農業の管理システムを作ってみようと思ってます

農業の管理システムを作ってみようと思ってます

こんにちは。solb system の Teruhiro Kömaki です。

今年も年が明けたと思ったら、もう3月に突入するということで、どうしたもんかと思ってます。
やっぱり、ブログを続けるってのは、本当に大変なことだなーって、感じてます。

なんだかんだ言いまして、一人でコツコツと仕事するのが好きで個人でやっているのですが、どうしても手が足りないことも多いので、
「FileMakerの開発できますけど!」という方がいれば、是非ともコメントください!

長期的にお付き合いできれば嬉しいなって思います。

そんななか、友人が農業をしているということもあり、農業で利用する管理システムを作ってみようと思ってます!という宣言です 笑

なぜ農業の管理システムなのか

農業という分野は、私の勝手なイメージですが、まだまだアナログな匂いがしてて、FileMaker Go などのシステムを導入して運用すれば効率化できる部分がいっぱいあると思ってます。

実際に 【FileMaker 農業 】などと検索すると、それらしきサイトは、ちらほらでてきます。
需要はあると思いますが、きっと、おそろしくシンプルじゃないとダメかな。

そして、実際の農業をしている友人を通して、作っていくことになるので、ユーザー目線で使いやすいシステムにできるんじゃないかって思います。
もし、今後、販売できるほどのシステムになれば、パッケージシステムとし安価で多くの方に利用してもらえるようになれば、嬉しい限りです。

その際は、ベータ版のモニターを募集すると思うので、興味があればご協力下さい!

パッケージシステムの重要性

最近は本当に思いますが、パッケージシステムは、かなり重要だと思ってます。
どれだけ重要なのか?って部分は、また別でブログにまとめますね。
やっぱり、ユーザーがシステムを見ることができるっていうのは、すごく大事だと思います。
あと、FileMakerの良いところは、オフラインで使えるところかなって思います。
なので、農業とかはぴったり!

おわり

Twitterでもいいくらい薄いエントリーですが、書くことが大事ってことで気にしませぬ!

それはそうと、NHKの回収業務を今までと違うフローでやるとかやらないとかって、話題になってましたけど、回収をメインにしている会社はどうしていくんでしょうね。

現状維持するだけでも、厳しい世の中になってる。
もう少ししたら、もっともっといろんなことが変化するんだろうなー

精進します!

FileMakerを勉強したい人へ

FileMakerをしっかりと勉強するのであれば、オフィシャルの学習用テキストが一番確実です。

体系立てて習得できるので、断片的に勉強するよりも理解もしやすいはずです。

ということで FileMaker Training Series をやるべし!

FileMaker Training Series には基礎編応用編の2種類があります。

さらに FileMaker Training Series に近いのですが、もうひとつ別で FileMaker Drill Book というテキストがあります。

まずは、オフィシャルの学習用テキストを購入して、コツコツ勉強することが一番の近道だと思います。

少しでもお役に立てたことがあれば シェアしていただけると嬉しいです

via PressSync

FileMakerの開発を主なる仕事にしてます。 FileMakerのBasicなことやAdvancedなことをメインに記事を書いてますが、FileMakerに関係ないこともバシバシ書いていきます。 現在は Java 勉強中ですので、勉強会などにも参加していきます。 コメント頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください